Skip to content

遺言や相続について専門家に法律相談することができる

相続の手続きに関しては、遺言があるか無いかによって大きく分かれます。遺言があるときには最優先される事項となりますので、遺言の内容に従う形で相続の手続きが行われます。遺言は文字で残すことが原則となっていますので、ビデオテープや録音テープなどで残すことは正式なものとして認められていません。遺言が正式に認められるためには厳格な要式を守って、法律の規定通りに作成する必要があります。

遺言を残した場合であっても、法律で認められている要式で残さなかったときには効力が認められないこととなって、遺族同士での争いの元になることも考えられますので、遺言を残そうと考えている人は弁護士や司法書士をはじめとした専門家に法律相談をすることがおすすめとなります。遺産分割で争いが発生しないようにするためには、遺言書を作成しておくことの他に財産目録を作成しておくことや、推定相続人の調査をしておくことが大切です。財産目録を作成しておくことによって、残された家族がスムーズに遺産分割の手続きをやりやすくなります。銀行口座や不動産の一覧などを作成しておくと、遺産の内容がわかりやすくなりますので便利です。

財産目録の作成や推定相続人の調査などに関しても、弁護士に法律相談することが可能です。残された財産について生前贈与を行うこともできます。不動産の場合には親子間や夫婦間などでの贈与が多く、不動産の一部について生前贈与を行うことも可能です。不動産の贈与は登記の手続きも必要となってきますので、司法書士に法律相談を行ったり、司法書士事務所と連携が取れている弁護士に依頼することが最適です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です