弁護士に依頼したい場合

誰でも身近で弁護士という言葉を聞く事があるでしょう。しかし、依頼するとなるとかなり大きなトラブルの時だけと思われるのでは無いでしょうか。最近では、テレビやラジオで過払い金返還請求など民間の個人的な問題でも介入してくれる職業であるという認識が出てきました。では、弁護士に相談する場合は、何をどうしたらよいのでしょうか。

まずは、難しい問題出なければ自治体による弁護士の無料相談という物があります。そちらに、相談してみるという手段があります。有る意味、弁護士というのは法律が係わる全てのトラブルのよろず相談窓口だといっても過言ではありません。友達同士の金銭トラブル、事故による保証金のトラブル、離婚調停等々多岐にわたるのです。

ですから、法律に照らし合わせて誰が正当性があるのか分からない時は相談を持ちかける相手で有ることは間違いありません。また、相談料金ですが基本的には30分区切りである事がほとんどです。それ以上時間が掛かる場合は、加算料金と言うことになってくるでしょう。相談により、報酬が提示されますので金額が見合えば依頼という形を取るのが一般的です。

また、比較的費用が高価になりやすいことから低収入の方向けに法テラスという物が存在します。NPO法人になりますから、一定の条件を満たす方には無料で弁護士の相談が出来る窓口を設けています。意外と身近な場面で活躍している職業ですが、思ったよりも知らない方が多い職業でもあります。広島で相続のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *