相続のために弁護士に遺産分割協議書を作ってもらう

亡くなった人の財産の手続きは具体的にどのように行うのでしょうか。手続きがわからなければ弁護士に依頼をすれば問題ありませんが相続財産に関しては、遺言書などの特別なものが存在しない限り民法に規定されている法律的な割合によって財産が分割されてその後に残された人たちに継承されます。亡くなった人の財産はいきなり単独所有として継承できるわけではなく、最初は残された家族の共有財産となりその後に権利を主張することによって初めて分割されるわけです。こうした手続きが必要なので、財産を分割して単独所有にするためには法廷割合によって分割をしても良いのかという協議書を家族同士で作っておかなくてはいけません。

これは遺産分割協議書と言い、家族同士で作るのが面倒な場合には専門の弁護士などに依頼をして代行で書いてもらうことも可能です。確かに、民法で書かれている法廷割合による相続がわかりやすくて重要になるものなのですが、必ずしもその割合で引き継がなくてはいけないわけではありません。実際に、家族の中には何らかの理由によって相続の権利そのものを放棄する人もいます。このような場合になったときには、放棄された財産をどのように扱うのかを家族同士で話し合わなくてはいけません。

そして、家族同士で話し合った結果で出た結論をまとめたものをつくらなくてはいけないわけです。財産の相続というのは、このように家族同士の合意があって初めて成立するものなので、分割する際には必ず同意を得てそれを証拠として残しておくように弁護士に作ってもらうように心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *