債務整理における弁護士

過去につい借金を申し込んでしまって、返済ができずに取り立てに悩んでいるというケースは多いものです。こうした場合、借金を整理する方法として、「債務整理」とよばれる方法があります。実際に債務整理とはいっても、借金をしている先の貸金業者との話し合いによって、裁判所を通さずに問題を解決する方法と、自己破産や個人再生のような、裁判所への申立てによって、法律の規定を活用して問題を解決する方法の、大きく分けるとふたつの方法があります。どちらの方法を選ぶにしても、貸金業法や出資法、破産法などの法律の知識が必要となってきますので、法律にくわしい弁護士の力が求められる局面といえます。

こうした債務整理を弁護士に依頼した場合のメリットですが、まずは弁護士が受託して、貸金業者にそのことを通知した瞬間から、本人に対しての取り立て行為がおきなくなります。これは貸金業法の規定によるもので、貸金業者としても、以後は受任した弁護士を通じて話し合いなどをしなければならなくなるのです。さらに、実際に手続きが進んだ場合には、借金の一部か、または全部の支払いをする責任が免除されたり、残った借金についても、返済期間や月々あたりの返済金額を、より有利なかたちにしてもらうことができるのです。このようなことから、実際に依頼をするかはともかくとして、早めに弁護士への相談をして、個別のケースにあてはめるとどのような方法が利用できるかは確認しておいたほうがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *