交通事故の慰謝料の決まり方

交通事故の慰謝料には入通院費と後遺障害の2種類あり、手足がなくなったり寝たきりになったりなどの後遺症が残った場合に支払われるのが後者です。つまり、ちょっとぶつかって骨折とかむちうち程度のけがであれば前者の慰謝料となります。これには各保険によって決まりがあります。まず自賠責の場合は計算式があり、実通院日数を2倍、もしくは治療期間、どちらか少ない方に4200円をかけて算出されます。

また任意保険では独自の計算式がありますし、弁護士基準でも同じく独自の計算式があります。自賠責の場合は1日4200円と一律で決まっているのでわかりやすいですが、それ以外は保険によって異なるので素人が理解するのは難しくなっています。つまり交通事故の慰謝料が納得いかない場合、独自で弁護士に相談するべきなのです。もちろん金額的に納得がいけば、損害保険会社から提示されている金額で手を打ってもいいでしょう。

ただ、交通事故に慣れている人は通常いませんので、パニックになって請求できるものもできないということはあります。後になってからやっぱり請求しておけばよかったと後悔しないように、わからないことはどんどん保険会社の担当者に質問して疑問点は解決すべきです。いざ交通事故にあったときのための保険、その内容を理解していないでは加入している意味がないと言っても過言ではないでしょう。いざという時にどういった補償をしてもらえるのか、請求はどうするのかなど最低限の知識は身に付けておくべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *