相続争いを起こさない!遺言書作成は弁護士に相談を!

遺産の相続では、経済的な利益がからむため、親族といえども争いが起こり、親族間の関係がバラバラになるというケースは決して珍しくはありません。そんなことを避けるために弁護士に遺言書作成について相談すると、様々な点で便利です。まず、有効な遺言書を作成することができるという点です。法的に有効であると認められる遺言書作成には、法律への知識が必要となり、自分で書く場合は一から法律について学ばなければなりません。

せっかく書いたとしても、その内容が第三者に正しく伝わらなければ、遺言を書いた方の意志どおりに相続されないということになりかねません。弁護士に依頼して法律に則った遺言書を作成することで、作成者の意見が正しく反映された相続が可能になるばかりでなく、相続争いを生む可能性を小さくすることができるというわけです。遺言書の内容を秘密にできるという点も見逃せません。遺言書を作成するにあたり、その内容が第三者にばれてしまうようなことになると、そこから様々な問題に発展してしまうということも起こり得ます。

弁護士は、法律上業務の内容にたいして守秘義務がありますので、秘密が漏れてしまうという心配を排除できます。弁護士には遺言執行人を依頼できるという点も大きなメリットです。遺言書があったとしても相続人同士で問題が起こることは充分に考えられます。その際に弁護士が遺言執行人として介入することで、トラブルに発展することを未然に防ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *