任意整理の法律相談は弁護士に行えます

金融業者から融資を受けているときに、返済金額が多額になってしまったために毎月の借金の返済ができなくなったときには、弁護士などに法律相談をすることで解決できる場合があります。借金をしている人で住宅ローンなどを抱えている人の場合には、生活基盤を継続して維持するために自己破産ができない人のケースもあります。自己破産は抱えている借金の全ての返済義務を免除してもらえる法的な手続きとなりますが、デメリットとして資産を処分しなければならなくなります。自己破産をしてしまうと住宅ローンの債務に関しても帳消しになってしまいますので、住宅を維持することができなくなります。

住宅は生活をしていく上で欠かせないものと言えますので、住宅ローンを整理しないで借金問題を解決したい人も多いでしょう。住宅ローンを維持しながら、その他の債務を整理できる手段として近年手続きを行う人が増えているものに任意整理があります。任意整理であれば住宅ローンを残したままで、その他のクレジットカードや消費者金融業者から借り入れた借金の整理だけをすることが可能です。任意整理をするためには、弁護士などの専門家に法律相談をすることが最適な方法と言うことができて、金融業者と交渉をしてもらうことで借金額の減額や支払い期限の延長などの和解案を締結してもらうことになります。

裁判所を経由しない手続きとなりますので、弁護士などに法律相談をすることで代理人として手続きを進めてもらえることで、債務者個人の負担が少なくて済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *