過払い金について弁護士に法律相談できます

貸金業者から融資を受けていたことに対して、毎月の支払いっている金額が法律で定められている金利の利率を超えて支払っているケースがあります。かつての貸金業者やクレジットカード会社はグレーゾーン金利というもので、利息制限法で規定されている利率を超えた利息分の支払いをさせていた経緯がありますので、現在では利息制限法で定められている利率に引き直して、再計算することで払い過ぎた利息分を取り戻すことが可能です。過払い金を取り戻すためには、弁護士などの専門家に法律相談して行うことができます。過払い金の返還交渉には、任意交渉による方法と訴訟による方法があります。

貸金業者から借り入れを行っていたことに関して、完済をしてから10年間のうちは過払い金返還請求をすることが可能です。過払い金返還請求を行うためには、融資を受けていた貸金業者に対して取引履歴を開示してもらうことが必要です。一般的な人が開示請求を行っても、多くの貸金業者は取引履歴の開示をしてくれないことが考えられますので、専門家である弁護士に法律相談をすることでスムーズに手続きを進めやすくなります。取引履歴が5年以上の長期間にわたっている人や、いつまで経っても債務の元本が減っていかない人の場合には法律相談をすることで正しい借金額を計算し直すことがおすすめです。

払い過ぎている利息分が、借り入れを行っている債務の総額をすでに超えているときにはそれ以上の借金の返済をしなくて済むようになるケースもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *