バーチャルオフィスで会議をしよう

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いを知ろう

バーチャルオフィスは、名前の通り仮想のオフィスとして活用することのできるサービスです。住所や電話番号等を借りることができ、実際に手紙や宅配物などをそこで受け取ることや、電話の転送などをすることができます。レンタルオフィスと異なる点は、事務所のスペースはないということです。あくまで住所を借りるサービスですが、仕事で自宅とは異なる住所が欲しい、といった方に使われます。

会社の登記もその住所で可能というバーチャルオフィスであれば、会社を設立するときに本店の所在地とすることが可能です。付随するサービスでは、会社設立代行などをやっていることもあるので活用を検討すると良いでしょう。バーチャルオフィスでは秘書サービスが使えることもあります。これは、電話対応を任せられるサービスです。

一人ですべての対応をすることが難しい場合であっても、秘書サービスを使えば代わりに電話の応対をしてくれます。比較的安い費用で利用することのできるオプションなので、必要であれば合わせて使うのが良いです。複数のプランが用意されているので、料金やサービス内容等を見ることが大切になります。もし、事務所スペースが必要ならばレンタルオフィスの方を選択したほうが良いです。

レンタルオフィスも住所がセットになっているので設立登記ができるところも少なくありません。ただし、その分費用はバーチャルオフィスに比べて高くなるので、場所の必要性で決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です