バーチャルオフィスで会議をしよう

バーチャルオフィスを最安で構える

実際のオフィスを用意せず、事業に必要となるオフィス機能の一部を利用するサービスを指すバーチャルオフィスの需要が増しています。そんなバーチャルオフィスを最安で用意したいと考える企業は多いため、最安案件の比較について考えてみます。バーチャルオフィスのサービスとしては、受付対応や電話対応といった秘書業務の代行、会議スペースのレンタル、個人専用電話番号や法人登記に記載可能な住所の貸出などが挙げられます。オフィスサービスには賃貸レンタル型、シェアオフィス型、バーチャルオフィス型など様々な形態があり、各オフィス形態によって費用が異なります。

この中で最安と想定されるのはバーチャルオフィス型ですが、公的な手続きとなる登記住所が重複する可能性があるため、公的機関の許認可が必ずしも得られないと言う不安があります。また、会議スペースの確保も十分担保されているとは言い難いです。最も高値と想定されるのは賃貸レンタル型ですが、費用コストを比較するとバーチャル型の5倍から10倍と見積もられている例もあります。コストを比較して最も安価な形態を選びつつ、デメリットに挙げられる点については別途の費用を捻出して対応をすることも考えられます。

なお、費用面で考えると中間に位置するとされているシェアオフィス型も登記住所が重複すると言うデメリットがあるため、これを克服する方法を検討していくと良い選択肢になるものと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です